top of page
  • yasuyukinishicondu

2月7日フロンティア練習記録

【発声】

ピアノの絵を描いて、みんなで半音階。いろんな音の組み合わせを歌った。

(ホワイトボードは使えないことが判明)

ポイントとしては「はっきりした音で」「タイミングよく」

【コスモス】

全パートをテスト。

男声:とてもよく理解してるが、どうしても1番と2番が混ざってしまう。

ソプラノ:よくできてるが、「音が長くなる」→思い切って「切る!」ことで改善

アルト:22小節の音が下がっちゃう(先にF♯になってしまう)

全体:この「詩」に「gmoll」で作曲されてる雰囲気をよく掴んで、強弱をつけて。

【遠くでかねが】

女声2声:最初の始まり、「ブレスからその音楽で」

ソプラノ:強弱など(5ページに入ったとこ)指揮者を少し気にして

男声:旋律短音階に入る前、「アルシス」を感じて!

全体:1番から2番に入るところ、意味がつながるように「あの鐘の音が」と入る。

   最後の部分「手を繋ぐ」「清くなる」の綺麗な和音想像して(特に男声)

【ゴンドラの唄】

テンポが3種類について話した。

(言い聞かせるはじめのテンポ・ゆったりと歌う基本のテンポ・男声が歌う基本より少し「伝える」テンポ)

3番中心で練習した。

男声:聴衆が納得するテンポを察知する

女声:男声の歌詞に納得したHmで熱く入る

全体:最後のページ「心の炎」の「KO」から情熱的に歌い出すように。

   1音ずつ「maestoso」で歌う(アルトとソプラノがずれるため)

ソプラノ:オブリガート、1段目最後(降りるところ)のリズム要確認。


【次回】2/14

同じことの確認をしながら、段々とまとめていく(雰囲気など)

最新記事

すべて表示

フロンティア 1月24日練習記録

【発声】 ままままま(ドレミファソ)→(ドミソドそみど) 半音階トライした(doーmiまでいった笑) 【コスモス】 まず、それぞれのパートの課題部分を1パートずつアカペラ 男声:2番に入るところ→頑張ってた ソプラノ:「遊んでる」「遊んでる」リズム違い→2回目の「る」を早くすることでOK アルト:19小節~22小節→ほとんどOK(でも、今日はメンバーが3人だけ。) 全体:指揮者が歌わないで頑張った

Comments


bottom of page